<Weekly Andy>UKIYO-E PROJECT展レポート1

Gallery ENZOにて開催中の「UKIYO-E PROJECT展」。先日は加賀のギャラリーを飛び出して、金沢へ。モダンな浮世絵は「他カルチャーとかけ算したら、どうなるか?」。

第一弾はお寺とのコラボレーション。お寺という伝統的な空間で、さらに日本の伝統文化、お抹茶のお点前と共に、浮世絵を愉しむーー。

というわけで、金沢・寺町にある「長久寺」へ。

ところでお寺、最近行っていますか?お盆や法事の時ですよね、行くとしても。「展覧会を見に、お寺に行く」。珍しいこういった機会に見渡してみると…、生命力溢れる木々、古い時代のガラスを通して落ちてくる陽光、鮮やかな色の壁や天井など、実はポジティブでアートな空間。

床の間のお花は金沢の「Apple flowers」さんによるアレンジ。モダンでかっこいい!

しかしなかなか悩んだんです、展示方法。試行錯誤の結果、デヴィッド・ボウイの浮世絵は思い切って本堂の正面に飾ることに。お釈迦様、失礼致します(展示会場は曹洞宗のお寺でした)。

なんとも不思議な存在感!

その周りには版木を置いて、制作プロセスのご紹介も。浮世絵が版画だとご存知無い方もいらっしゃり、“普段なかなか見られない物が見られて嬉しかった”というお声も頂戴しました。

ありがとうございます。

さらに別室では、立礼のお茶席をご用意。そしてこちらの床の間にも、浮世絵を一枚。お茶の先生が言ってくれたのです。「その日のテーマに合わせたものを掛けるのが、お茶の床の間。なにも絶対に掛軸じゃなくても良いのです。今日は浮世絵展なので、デヴィッド・ボウイさん、飾っちゃいましょ」ということで。

なんでも、ピカソなどモダンな絵画を飾るのが、ここ最近のお洒落なお茶席なのだそうですよ。

席に着くと、流れるような先生の所作。お上品で美しい茶器たち。そしてデヴィッド・ボウイに見つめられながらの(?)、お抹茶。

茶器は、「大樋焼 松雲窯」泉喜仙さんの作品。美しさにほれぼれ

DAVID BOWIE

日本的なことが、逆にちょっと日常から遠くなっていたりもする、今ここニッポン。浮世絵、お寺、お抹茶と、伝統に囲まれることでの、これなかなかの非日常感、でも心地よさ。良いのではないでしょうか、こういう展覧会!

と思った、私アンディでした。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です